セフレのデート事情

やれるアプリで出会った相手とはセフレ関係になります。
ではセフレとはデートをするべきなのでしょうか?
そもそも恋人を作るのが面倒だから時間も手間もかけずにセックスだけ出来るセフレを作ったんだという人に関しては、面倒なデートをしてしまえば、セフレのメリットが半減してしまいます。
そもそも別に嫌ならデートをする必要はありません。
ですが、忙しくて恋人を作る時間の余裕はないけれど、欲求不満が溜まるからセフレを作りたい。
そんな人にしてみれば、ごく稀にセフレと出会い、そしてデートをして疑似恋愛を楽しむのも、また楽しいと思えるかもしれません。
そういうケースで自分も相手も楽しんでいるのであれば、セフレだからといってデートをしてはいけないという決まりはありません。
でも人によっては不倫関係になるから夫以外の男性とデートをしているところを知り合いに見られたら困る。
だからホテル以外では絶対に会わないという人もいるはずです。
結論としてはセフレとはデートをしてもしなくても、どちらでもいいのです。
要はお互いが都合がいい関係を築けば問題ありません。
ただし、注意点としてはデートをする事でお互いの距離は縮まってしまいます。
友達として楽しいというのであれば、問題ありません。
ですがどちらか一方がデートをきっかけに恋愛感情が発生した場合は、面倒な事になるので注意して下さい。
考えてみて下さい。
恋愛はしなと決めていても感情はコントロール出来ません。
そしてデートをしてセックスをしていたら、それは恋人として付き合う事と大差がないため、うっかり恋愛感情が発生しても仕方がない環境です。

プロフィールに画像を載せれば返信率はアップする

セフレサイト、やれるアプリではプロフィールに画像を載せた方が女性からの返信率はアップします。
それってイケメン限定の話でしょう。
自分は容姿に自信がないしと思う男性もいるでしょう。
それに不特定多数の人が見るネット上で画像を公開する事にも抵抗を覚えるかもしれません。
ですが、画像を載せた方が返信率がアップする事は事実で、それは容姿に限定された話ではありません。
なぜかというと、どんな顔の相手か分からない相手とメールをする、実際に会う事は不安だからです。
どんな顔の相手か分かっていれば、自分が生理的に無理な相手は選びません。
返信がきた時点で、落第点はもらえたのだと自信をもちましょう。
またセフレに対しては優しさや安心感を求める女性も少なくありません。
穏やかな目をしている、平凡だけど優しそう、イケメンではなくてもそう評価してもらえるかもしれません。
そして一番は悪い事をしている人は、自分の顔をネットで公開して証拠を残す事なんてすません。
例えばやれるアプリで知り合った女性を監禁しようと思っている人は、まず間違っても画像をアップしようとは思いませんよね。
つまり、自分は犯罪をするつもりがないので、疚しい事がないから画像をアップ出来ると宣言しているようなものなのです。
不特定多数の人に見られるといっても、男性は男性のプロフィールをチェックする事はありませんし、知り合いの女性が万が一見たところで、セフレサイトで〇〇さんが登録していたと誰かに話せば、その人自身もそのサイトを利用している事を暴露する事になるため、バラされる心配は低いと言えるでしょう。
女性は何を求めているのか?
やれるアプリを利用してメル友を作るにしろ、セフレを作るにしろ、相手の女性が何を求めているかをしっかりと理解する事が大切です。
例えば日常生活に満足している女性がわざわざリスクをおかしてセフレを作ろうと思うでしょうか?
またメル友の場合はリスクはありませんが、メールを楽しみたいだけなら普通に友達とメールをすればいいわけですし、友達には言えない事や、もしくは同性ではなく異性のメル友を探している時点で、浮気願望があると見なされても仕方がないといえるでしょう。
では女性は何を求めているのか?と言えば、セフレの場合はセックスと思われがちです。
確かに最終的にセックスをする事になるのでしょう。
ですが欲求不満でセックスをしたいというよりも、寂しいから人肌を感じたいという気持ちだったり、女性として自分にまだ魅力があるのか確認したい気持ちの方が大きいのではないでしょうか?
特に既婚者の場合は、夫とセフレ関係にあったり、夫は家に帰っても寝るだけでろくに夫婦の会話がない。
そんなケースでセフレを求める人が多いのです。
つまりセフレと真逆に思えるかもしれませんが、癒しを求めているのです。
そして同じくメル友に求める事も癒しです。
自分の話を聞いて欲しい、そして自分の話を聞いたうえで、自分は悪くない、頑張っているねと慰められたい訳です。
だから客観的に夫婦の話を聞いて、それは妻がそこまで夫の付き合いに口を出してしまうとウザいと思う夫の気持ちは理解出来る。
と内心は思ったとしても、妻の話に同調し、相手を否定しない事が大切です。
なぜなら男性は味方となり、信頼される事で、最終的な目的は癒す事ではなくセックスだからです。

男性も安全性重視

やれるアプリでセフレを作る際に、女性は警戒心を持って、安全性を重視した上で相手を選びでしょう。
セックスをするという行為は、とても無防備になる行為ですよね。
またホテルの密室で2人きりになる行為でもあります。
相手が恋人であれば、信頼感が成立しているので、身を委ねる事が出来るでしょう。
しかし、相手がネットで知り合ったばかりのよく知らない相手の場合は、不安が残るのは仕方がありません。
もし相手がシャワーシーンや、セックスシーンを盗撮していたらどうですか?
あなたのプライベートな動画や画像がネットに配信されてしまう事になるかもしれません。
また出会い前に約束したルールを守らない相手だったらどうでしょうか?
キチンとゴムをつける事は避妊だけでなく性病の予防にもなるので、つけるのがマナーです。
ですが生の方が気持ちがいいからという自己中的な理由で稀につけない男性も存在します。
セックスの最中につけてくれないからと中断しようとしても、女性の力では男性には適いません。
つまりそのままやられてしまう可能性が高いわけです。
そのため女性は安全性を重視した上で相手選びをしています。
対して男性は、安全性を重視してあまり相手を選んでいないのではないでしょうか?
男性としてはかよわい女性とホテルで密室になったところで、身の危険を感じる事はないと思っているからです。
しかしそれは間違いです。
女性のバックには悪い人がついている可能性もありますし、女性自身が恐喝をしてくる可能性だってあります。
そのため、男性だから大丈夫という慢心は捨て男性でも安全重視でセフレを選ぶようにして下さい。

若い女性を選んではいけない理由

やれるアプリでセフレを探す場合、若い女性をターゲットとする男性は少なくありません。
もちろん男性の本能として、若い女性とセックスをしたいと思うのか仕方がない事です。
ですが、若い女性とセックスをする事はメリットとよりもデメリットの方が多いように思います。
まず若い女性は人気があるため、相手に自分を選んでもらうのが本当に大変です。
セフレ関係ではセックスに対してお金を支払う事はありませんが、それでもセフレに対してお金を使う事はあります。
ホテルをワングレード上げてみたり、食事に連れて行ったり、中にはセフレにプレゼントをあげたり、お小遣いをあげている人もいるかもしれません。
なぜそんな事をするのかというと、若い女性に自分を選んで欲しいためお金で釣っているわけです。
しかし、この発想はほとんど援助交際ですよね。
そしてセフレを作る魅力の1つであるコスパが悪くなってしまっています。
それから1番大きいデメリットは、相手が18歳未満の場合です。
基本的にやれるアプリでは18歳以上でないと使用できません。
しかし年齢確認など証明書が必要な訳ではありませんから、使用しようと思えばだれでも使用出来てしまいます。
セックスをした後に、本当の年齢を言われて恐喝されたらどうしますか?
あなたは児童ポルノ法に違反する行為をした犯罪者となってしまいます。
警察や会社に暴露されたら大変ですから、恐喝を飲むしかありません。
また相手が脅さなくても、周囲に万が一バレてしまったら、やはり逮捕される可能性があるのです。
正直最近の若者は発育もよく大人っぽいので、16歳でも18歳でも18歳以上を相手が詐称していたら男性はまず気づく事は難しいでしょう。